アルミホイールの修理等(神戸2016)

アルミホイールなどカーディテーリング修理の施工例紹介ブログ

2016年

12月

28日

年末・年始の営業について

明日12月29日19時で2016年の営業を終了し、明後日の12月30日(金)から来年1月4日(日)の間、お正月休みをいただきます。

 

   例年の事ながら、11月・12月は1年の中で、最もリペア(修理)依頼が多い時期です。本年も、キリキリ舞いの多忙な年末でございました。各種リペアメニュー全てにおいて、入庫予約・作業予約が満杯状態で、折角お問い合わせいただいても、修理(入庫)日をお待ちいただいたり、場合によってはお断りさせていただくことなどもありましたこと、お詫び申し上げます。

 

本年も、このように多忙な日々を送らせていただけたのは、一重に、お客様、そして日頃お世話になっている皆様のお陰でございます。この場を借りて、感謝を申し上げます。

 

お正月休みで頭と体をリフレッシュし、1月5日(木)より元気に2017年のスタートを切りたいと思います。

来年も、何卒、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 

尚、お問い合わせや入庫予約・作業予約の電話(078-651-1206)への対応につきましては、携帯電話へ転送し、休み期間中(1月1日以外)も対応申し上げます。

携帯電話でございますので、電話に出られないことや電波が届かないことなどもあろうかと思いますが、その折は、お手数ではございますが、どうか後ほどお掛け直しくださいませ。又、お問い合わせのページより、メールでもお問い合わせいただくこともできます。

メールへの対応は、即返信は難しいかもしれませんが、できるかぎりの対応をしてまいります。

どうぞ、お気軽に電話またはメールをお入れくださいませ。

 

「トータルリペアKei’s」

株式会社ファインスペース

代表取締役 上田 啓一郎

 

 

2016年

12月

23日

スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

スバル・レガシー・純正アルミホイール4本のガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)をご紹介します。

 

下の写真は、全て、左が修理前右が修理後です。

クリックすると拡大します。

 

このホイールは、スポーク(ディスク面)やリムの側面がダークメタリック系の塗装仕上げになっていて、それらの上面がダイヤモンドカット仕上げになった、ツートン仕上げのホイールです。

傷は、ダイヤモンドカット仕上げになっているリム(ホイール外周円角)の全周とスポーク(ディスク面)のあちこちについた傷です。

 

弊社では、ダイヤモンドカット仕上げのホイールの場合、

(1)リム1周を削って成形し、最終的に磨き上げ仕上げる、ポリッシュ仕上げのリペア方法。(注)この方法はリムしか修理できません。

(2)傷を部分的に削って成形し、最終的に磨き上げ仕上げる、部分リペア方法。(ただし、この方法は傷がごく小さく浅い状態のときにだけ選択しないと、修理した箇所が分かりやすくなってしまいますので、注意が必要です。)

(3)ダイヤモンドカット仕上げのホイールを製造するときに使われているのと同じタイプの大型機械を使って、再度表面全体をダイヤモンドカットし直し新品同然にしてしまう再加工修理

の、3通りの修理方法を選択していただくことができます。

それぞれ、費用も所要日数も違います。

 

このホイールの修理は、(3)の、再度表面全体をダイヤモンドカットし直す再加工修理です。

スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)前の4本全景写真
修理前
スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)後の4本全景写真
修理後

上の2枚の写真は、左が修理前で、タイヤを取り外し・エアーバルブを取り外し・センターキャップを取り外した状態です。

右が修理後で、新品エアーバルブを取り付け・センタービルを取り付けた状態です。

 

下の写真も、左が修理前で、タイヤ・エアーバルブ・センターキャップを取り外す前です。

右が修理後で、新品タイヤ・新品エアーバルブ・センターキャップを取り付け、ホイールバランスの調整も完了した後です。タイヤが摩耗・老朽化しているのでついでにタイヤ交換もして欲しいとのご依頼で、新品タイヤに交換いたしました(同じメーカーの同じタイヤを選択されました)。

スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)前のホイールA写真ななめから
ホイールA 修理前その1
スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)後のホイールA写真ななめから
ホイールA 修理後その2

スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)前のホイールA写真真上から
ホイールA 修理前その2
スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)後のホイールA写真真上から
ホイールA 修理後その2

スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)前のホイールB写真ななめから
ホイールB 修理前その1
スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)後のホイールB写真ななめから
ホイールB修理後その1

スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)前のホイールB写真真上からその2
ホイールB修理前
スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)前のホイールA写真
ホイールB 修理後その2

スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)前のホイールC写真ななめから
ホイールC 修理前その1
スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)後のホイールC写真
ホイールC修理後その1

スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)前のホイールC写真ななめから
ホイールC修理前その2
スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)前のホイールCの写真真上から
ホイールC 修理後その2

スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)前のホイールD写真ななめから
ホイールD 修理前その1
スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)後のホイールD写真ななめから
ホイールD 修理後その1

スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)前のホイールDの写真ななめから
ホイールD 修理前その2
スバル・レガシー・純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズの修理(再ダイヤモンドカット加工)後のホイールDの写真真上から
ホイールD 修理前その2

2016年

12月

09日

メルセデス・ベンツGLE43AMGの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

メルセデス・ベンツGLE43AMGの21インチ純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)をご紹介します。

 

下の写真は、左が修理前右が修理後です。

クリックすると拡大します。

 

その下は、元有った傷の写真です。

 

このホイールは、スポーク(ディスク面)やリムの側面がブラック塗装仕上げになっていて、それらの上面がダイヤモンドカット仕上げになった、ツートン仕上げのホイールです。

傷は、ダイヤモンドカット仕上げになっているリム(ホイール外周円角)部分についた傷です。

 

弊社では、ダイヤモンドカット仕上げのホイールの場合、

(1)リム1周を削って成形し、最終的に磨き上げ仕上げる、ポリッシュ仕上げのリペア方法。

(2)傷を部分的に削って成形し、最終的に磨き上げ仕上げる、部分リペア方法。(ただし、この方法は傷がごく小さく浅い状態のときにだけ選択しないと、修理した箇所が分かりやすくなってしまいますので、注意が必要です。)

(3)ダイヤモンドカット仕上げのホイールを製造するときに使われているのと同じタイプの大型機械を使って、再度表面全体をダイヤモンドカットし直し新品同然にしてしまう再加工修理

の、3通りの修理方法を選択していただくことができます。

それぞれ、費用も所要日数も違います。

 

このホイールの修理は、(1)の、リム1周を削って成形し、最終的に磨き上げ仕上げる、ポリッシュ仕上げのリペアです。

メルセデス・ベンツGLE43AMGの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)前の写真
修理前
メルセデス・ベンツGLE43AMGの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)後の写真
修理後

2016年

12月

04日

メルセデス・ベンツC250の純正アルミホイール(ハイパーシルバー)のガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

ベンツC250の純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズのリペア(修理・修復)をご紹介します。

今回は1本だけですが、以前4本全て修理させていただいた車(ホイール)です。

そんなに無茶に深い傷はありませんでしたが、リム(外周円)もスポーク(ディスク面)も、そこら中が傷だらけでした。スポーク(ディスク面)の傷には、市販のタッチアップ材がコッテリ塗られていましたが、かえって違和感が出てしまっていたように思います。

 

下の4枚の写真は、左が修理前右が修理後です。

クリックすると拡大します。

 

その下の7枚の写真は、飛び石傷のような細かい傷や引っかき傷のような薄い傷を除いた主な元々有った傷です。クリックすると拡大します。

メルセデス・ベンツC250の純正アルミホイール(ハイパーシルバー)のガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)前の写真
修理前
メルセデス・ベンツC250の純正アルミホイール(ハイパーシルバー)のガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)後の写真
修理後

メルセデス・ベンツC250の純正アルミホイール(ハイパーシルバー)のガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)前の写真
修理前
メルセデス・ベンツC250の純正アルミホイール(ハイパーシルバー)のガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)後の写真
修理後

修理前と修理後で若干色が違うように見えますが、光が違う?カメラの露出が違う?よく分かりませんが、

なにぶんコンパクトデジカメで写したカメラまかせの素人写真ですので、いたしかたないってとこでしょうか。

2016年

11月

12日

メルセデス・ベンツC220dの純正AMGアルミホイールのガリキズ・すり傷 のリペア(修理・修理)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

メルセデス・ベンツC220dの純正AMGアルミホイールのガリキズ・すり傷 のリペア(修理・修復)をご紹介します。

このホイールは、スポーク(ディスク面)やリムの側面がダークメタリック系の塗装仕上げになっていて、それらの上面がダイヤモンドカット仕上げになった、ツートン仕上げのホイールです。

傷は2本とも、ダイヤモンドカット仕上げになっているリム(ホイール外周円角)部分についた傷です。

 

弊社では、ダイヤモンドカット仕上げのホイールの場合、

(1)リム1周を削って成形し、最終的に磨き上げ仕上げる、ポリッシュ仕上げのリペア方法。

(2)傷を部分的に削って成形し、最終的に磨き上げ仕上げる、部分リペア方法。(ただし、この方法は傷がごく小さく浅い状態のときにだけ選択しないと、修理した箇所が分かりやすくなってしまいますので、注意が必要です。)

(3)ダイヤモンドカット仕上げのホイールを製造するときに使われているのと同じタイプの大型機械を使って、再度表面全面をダイヤモンドカットし直し新品同然にしてしまう再加工修理

の、3通りの修理方法を選択していただくことができます。

 

このホイールの修理は、(1)の、リム1周を削って成形し、最終的に磨き上げ仕上げる、ポリッシュ仕上げのリペアです。

 

下の4枚の写真は、左が修理前で、右が修理後です。

クリックすると拡大します。

その下の2枚は、修理する前の傷の状態(アップ)です。

メルセデス・ベンツC220dの純正AMGアルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)前のホイール写真
修理前
メルセデス・ベンツC220dの純正AMGアルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)後のホイール写真
修理後

メルセデス・ベンツC220dの純正AMGアルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)前の傷のアップ写真
修理前
メルセデス・ベンツC220dの純正AMGアルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)後の傷があった部分のアップ写真
修理後

2016年

11月

06日

AudiアウディRS4のレザーシート の傷・破れ・剥がれ・等のリペア(修理・修復・再生)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

 

AudiアウディRS4のレザーシート の傷・破れ・剥がれ・等のリペア(修理・修復・再生)をご紹介します。

 

下の写真は、

 

左が修理前右が修理後 です。

クリックすると拡大します。

施工後の写真は、夕方のだいぶ暗くなってきた時間に、撮影箇所へ人口照明を当てながら撮ったので、シート表面が光ってしまっており、色も照明の色に影響をうけております。素人撮影ですのでご容赦ください。

AudiアウディRS4のレザーシート の傷・破れ・剥がれ・等のリペア(修理・修復・再生)前の写真1
修理前①
AudiアウディRS4のレザーシート の傷・破れ・剥がれ・等のリペア(修理・修復・再生)後の写真1
修理後①

AudiアウディRS4のレザーシート の傷・破れ・剥がれ・等のリペア(修理・修復・再生)前の写真2
修理前②
AudiアウディRS4のレザーシート の傷・破れ・剥がれ・等のリペア(修理・修復・再生)後の写真2
修理後②

AudiアウディRS4のレザーシート の傷・破れ・剥がれ・等のリペア(修理・修復・再生)前の写真3
修理前③
AudiアウディRS4のレザーシート の傷・破れ・剥がれ・等のリペア(修理・修復・再生)後の写真③
修理後③

AudiアウディRS4のレザーシート の傷・破れ・剥がれ・等のリペア(修理・修復・再生)前の写真4
修理前④
AudiアウディRS4のレザーシート の傷・破れ・剥がれ・等のリペア(修理・修復・再生)後の写真4
修理後④

2016年

10月

24日

BMWの純正Mアルミホイール(ダイヤモンドカット仕上げ)のガリ傷・擦りキズのリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

BMWの純正M(ダイヤモンドカット仕上げ)アルミホイールのガリ傷・擦りキズの、修理・修復(再ダイヤモンドカット加工)をご紹介します。

 

ダイヤモンドカット仕上げホイールの再ダイヤモンドカット修理とは、

通常のような塗装仕上げ(シルバーやガンメタやブラック・等々)の修理とは全く違い、

最初にこのホイールを製造するときに使用されている、いわゆるダイヤモンドカット加工する大がかりな機械を使って、アルミ合金の表面を、再度ダイヤモンドカットスライス加工し直し、そして再度全面クリアー塗装し直すという修理です。

 

誰が見ても、まず新品ホイールにしか見えないほぼ完ぺきな仕上がりになる修理方法です。

ただし、この機械にかけるには、ホイールからタイヤを外すだけでなく、エアーバルブやセンターキャップやエンブレムなども全て一旦取り外させていただきます。もちろん修理完了後には再装着いたします。

 

写真は、左が修理前右が修理後です。

それぞれ写真をクリックすると拡大します。

修理後のホイールの写真は、Mのエンブレムを再貼り付けする前の写真です。

BMWの純正Mアルミホイールのガリ傷・擦りキズのリペア(修理・修復)前のホイール写真
修理前
BMWの純正Mアルミホイールのガリ傷・擦りキズのリペア(修理・修復)後のホイール写真
修理後

2016年

10月

15日

メルセデス・ベンツC200AMGの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

メルセデス・ベンツC200AMGの、純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズのリペア(修理・修復)をご紹介します。このホイールは、スポーク(ディスク面)やリムの側面がダークメタリック系の塗装仕上げになっていて、それらの上面がダイヤモンドカット仕上げになった、ツートン仕上げのホイールです。

傷は2本とも、ダイヤモンドカット仕上げになっているリム(ホイール外周円角)部分についた傷です。

 

弊社では、ダイヤモンドカット仕上げのホイールの場合、

(1)リム1周を削って成形し、最終的に磨き上げ仕上げる、ポリッシュ仕上げのリペア方法。

(2)傷を部分的に削って成形し、最終的に磨き上げ仕上げる、部分リペア方法。(ただし、この方法は傷がごく小さく浅い状態のときにだけ選択しないと、修理した箇所が分かりやすくなってしまいますので、注意が必要です。)

(3)ダイヤモンドカット仕上げのホイールを製造するときに使われているのと同じタイプの大型機械を使って、再度表面をダイヤモンドカットし直し新品同然にしてしまう再加工修理の、

3通りの修理方法を選択していただくことができます。

 

このホイールの修理は、(2)の、傷を部分的に削って成形し、最終的に磨き上げ仕上げる、部分リペアです。

 

下の写真は、左が修理前で、右が修理後です。

クリックすると拡大します。

メルセデス・ベンツC200AMGの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理修復)前のホイールAの写真
ホイールA 修理前
メルセデス・ベンツC200AMGの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理修復)後のホイールAの写真
ホイールA 修理後

メルセデス・ベンツC200AMGの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理修復)前のホイールAの傷アップ写真
ホイールA 修理前
メルセデス・ベンツC200AMGの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理修復)後のホイールAの修理箇所アップ写真
ホイールA 修理後

メルセデス・ベンツC200AMGの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理修復)前のホイールBの写真
ホイールB 修理前
メルセデス・ベンツC200AMGの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理修復)後のホイールBの写真
ホイールB 修理後

メルセデス・ベンツC200AMGの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理修復)前のホイールBの傷アップ写真
ホイールB 修理前
メルセデス・ベンツC200AMGの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理修復)後のホイールBの修理箇所アップ写真
ホイールB 修理後

2016年

10月

14日

トヨタ・マークxの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

トヨタ・マークxの純正アルミホイール(シルバー系塗装仕上げホイール)のガリ傷・擦りキズ のリペア(修理修復)をご紹介します。傷は大した傷ではありません。

 

左の写真が修理前です。右の写真が修理後です。

それぞれ、写真をクリックすると拡大します。

トヨタ・マークxの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理修復)前のホイールのアップ写真
修理前
トヨタ・マークxの純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理修復)後のホイールのアップ写真
修理後

2016年

10月

09日

ありがとうございました

先月後半に父が亡くなり、かなり慌ただしくなったため、施工予約をいただいておりましたお客様の中には、キャンセルや日時の変更をお願いさせていただいた方もいらっしゃいました。

申し訳ございませんでした。そして、ありがとうございました。

葬儀・他、殆どが滞りなく終わりまして、お陰様で通常営業に戻らせていただくことができております。

この場を借りて御礼申し上げます。

 

上田啓一郎

2016年

10月

01日

メルセデス・ベンツCLS350純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

メルセデス・ベンツCLS350純正アルミホイール18インチ3本のガリ傷・擦りキズのリペア(修理・修復)をご紹介します。

 

下の写真は3本それぞれのビフォーアフター写真です。

小さな写真はそれぞれのホイールの元あった傷でクリックすると拡大します。

 

この修理は、お客様の要望で、全面再ダイヤモンドカット修理をおこなうのではなく、研磨による部分リペアをおこないました。

メルセデス・ベンツCLS350純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)前、ホイール1
ホイールA リペア前
メルセデス・ベンツCLS350純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)後、ホイール1
ホイールA リペア後
メルセデス・ベンツCLS350純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)前、ホイール2
ホイールB リペア前
メルセデス・ベンツCLS350純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)後、ホイール2
ホイールB リペア後
メルセデス・ベンツCLS350純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)前、ホイール3
ホイールC リペア前
メルセデス・ベンツCLS350純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)後、ホイール3
ホイールC リペア後

2016年

8月

29日

ボルボV40の純正アルミホイール(ダイヤモンドカット)のガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

ボルボV40(T5)の純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズのリペア(修理・修復)をご紹介します。このホイールは、ブラック塗装仕上げとダイヤモンドカット仕上げのツートンになったホイールです。

傷は、ダイヤモンドカット仕上げになっているリム(ホイール外周円角)に30~40cmの傷が2か所はいっていました。

 

弊社では、ダイヤモンドカット仕上げホイールの場合、

傷を削って成形し最終的に磨き上げ仕上げる、ポリッシュ仕上げのリペア方法と、

ダイヤモンドカット仕上げのホイールを製造するときに使われているのと同じタイプの大がかりな機械を使って、再度表面をダイヤモンドカットし直し新品同然にしてしまう再加工修理の、

2通りの修理方法を選択していただくことができます。

 

このホイールの修理は、前者の、傷を削って成形し最終的に磨き上げ仕上げる、ポリッシュ仕上げのリペアです。

 

下の写真は、左が修理前で、右が修理後です。

クリックすると拡大します。

修理前(撮影方向1)
修理前(撮影方向1)
修理後(撮影方向1)
修理後(撮影方向1)

修理前(撮影方向2)
修理前(撮影方向2)
修理後(撮影方向2)
修理後(撮影方向2)

2016年

8月

17日

アウディS8 純正21インチアルミホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

アウディS8(最上級グレードA8を更にチューンアップおよびアップグレードした別格モデル)の純正アルミホイール(ハイパーシルバー仕上げの21インチ)のガリ傷・擦りキズのリペア(修理・修復)をご紹介します。

 

下の写真は、左が修理前

右が修理後です。

クリックすると拡大します。

アウディS8 純正21インチアルミホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)前のホイール写真
修理前
アウディS8 純正21インチアルミホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)後のホイール写真
修理後

アウディS8 純正21インチアルミホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)前の傷アップ写真
修理前
アウディS8 純正21インチアルミホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)後のアップ写真
修理後

ご出庫の際に、「傷があったところどこか分かりますか?」とお聞きすると「いやー・・・分かりません。どこですか?」と逆に聞かれてしまい、「えーっと」と、見て答えようとしたところ・・・わ、分からん、不覚にも自分でも分からなくなってしまい、「エアーバルブからこちらへこのくらい行った辺りにこのくらいの傷だったと思います。」ってだいたいで答えてしまいました。まあ修理ですから、見て分からんのは悪いことではないのですが・・・ちょっと恥ずかしかったなー。

 

しかし、フェラーリやランボルギーニやポルシェとまではいきませんが、アウディとは思えないくらい、いい音させて出庫されていかれました。A8はちょくちょく入庫しますが、それの音とは全く違うのが一瞬で分かったので、思わず「オオッ!」

4000ccですからそんなバカでかいエンジンってわけではないですが、やはり、さすがにターボ520psだけのことはあります。

ちなみに、A8は435psです。

2016年

8月

02日

20インチ(ダイヤモンドカット仕上げ)アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

アルファードの20インチ社外ダイヤモンドカット仕上げアルミホイールのガリキズ・すりきずの、修理・修復をご紹介します。

この修理は、 

前々回の投稿で紹介した、最初にこのホイールを製造するときに使用しているダイヤモンドカット加工する特殊な機械を使って、表面全面を再度ダイヤモンドカットスライス加工し直し、その上から再度クリアー塗装し直し、新品とほぼ同等に再加工し直す修理方法ではなく、

 

ダイヤモンドカット仕上げのホイールの、傷のあるリム部分だけを研磨して、ポリッシュ仕上げするという一般的なリペア方法です。

 

写真は、左が修理前右が修理後です。

それぞれ写真をクリックすると拡大します。

 

よかったら、前々回投稿している表面全面を再ダイヤモンドカットスライスし直しているホイールの写真と比べてみてください。

 

研磨してポリッシュ仕上げしている今回のホイールには、リム部分とスポーク部分(ディスク面)との間に、薄いけれど若干の仕上げの境界線があるのが分かると思います。

 

それぞれ、修理期間も修理費用も違います。

 

ダイヤモンドカット仕上げタイプのホイールを修理する場合、どちらの修理方法を選択するかの参考になさってください。 

20インチ(ダイヤモンドカット仕上げ)アルミホイールのガリキズ・すり傷 のリペア(修理修復)前の写真
修理前
20インチ(ダイヤモンドカット仕上げ)アルミホイールのガリキズ・すり傷 のリペア(修理修復)後の写真
修理後

2016年

7月

23日

クラウン・マジェスタ、ドア内貼りの傷(破れ・剥がれ)のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

クラウン・マジェスタの運転席と助手席のドアの内貼りの傷のリペアをご紹介します。

 

傷と言っても、物凄く小さな破れ(剥がれ?)です。

おそらく、ドアを閉める時に、シートベルトのバックルを挟んでしまったのではないかと思います。数えきれないくらい直してきたパターンの傷です。でも、これだけ小さな傷は新記録なので、あえてご紹介したいと思います。(o^^o)

 

下の写真は、左が施工前右が施工後です。

クリックすると拡大します。

クラウン・マジェスタ、ドア内貼りの傷(破れ・剥がれ)のリペア(修理・修復)前の運転席側の写真
運転席側、施工前
クラウン・マジェスタ、ドア内貼りの傷(破れ・剥がれ)のリペア(修理・修復)後の運転席側の写真
運転席側、施工後

クラウン・マジェスタ、ドア内貼りの傷(破れ・剥がれ)のリペア(修理・修復)前の助手席側の写真
助手席側、施工前
クラウン・マジェスタ、ドア内貼りの傷(破れ・剥がれ)のリペア(修理・修復)後の助手席側の写真
助手席側、施工後

2016年

7月

10日

18インチ(ダイヤモンドカット仕上げ)アルミホイールのガリキズ・すり傷・欠けの修理修復(表全面再ダイヤモンドカット加工)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

18インチ(ダイヤモンドカット仕上げ)アルミホイール(ブリジストン製)のガリ傷・擦りキズ・欠けの、修理・修復をご紹介します。

 

この修理は、ダイヤモンドカット仕上げのホイールの、リム部分の傷だけを研磨して、ポリッシュ仕上げするというリペアでは無く、

最初にこのホイールを製造するときも使用する、ダイヤモンドカット加工する大がかりな機械を使って、表面全面を、再度ダイヤモンドカットスライス加工し直し、その上から再度クリアー塗装し直す方法で、言うならば、修理後のホイールは、新品とほぼ同等に再加工し直したホイールだということになります。

 

写真は、左が修理前右が修理後です。

それぞれ写真をクリックすると拡大します。

元の傷は、ほぼ全面に入っていました。

18インチ(ダイヤモンドカット仕上げ)アルミホイールのガリキズ・すり傷・欠けの、修理修復(表全面再ダイヤモンドカット加工)前のホイール写真1
修理前
18インチ(ダイヤモンドカット仕上げ)アルミホイールのガリキズ・すり傷・欠けの、修理修復(表全面再ダイヤモンドカット加工)後のホイール写真1
修理後

18インチ(ダイヤモンドカット仕上げ)アルミホイールのガリキズ・すり傷・欠けの、修理修復(表全面再ダイヤモンドカット加工)前のホイール写真2
修理前
18インチ(ダイヤモンドカット仕上げ)アルミホイールのガリキズ・すり傷・欠けの、修理修復(表全面再ダイヤモンドカット加工)後のホイール写真2
修理後

下の写真は、全面に入った元の傷を10枚の写真に取り分けた写真です。

クリックすると拡大します。

18インチ(ダイヤモンドカット仕上げ)アルミホイールのガリキズ・すり傷・欠けの、修理修復(表全面再ダイヤモンドカット加工)後のホイール写真

 

 

修理(再加工)し終わったホイール(左)は、実物を見ても、たぶん、新品ホイールにしか見えないと思います。

2016年

7月

08日

このひと月、あまりの多忙に、ブログ投稿おさぼり中! ありゃりゃ(^▽^;)

6月初旬頃から、公私共に、超ハード!

ブログ投稿もひと月ほど、おさぼり!

 

ヒ・ヒ・ヒエー、結構きつい。

でも、頑張るで~!!

2016年

6月

19日

車内で、大声で歌い、自分の頬をしばきまくり!

 

先月末頃の話になるのですが、

仕事で急用があり車をとばして静岡まで行ってきました。

 

ってことだけ聞くと、「それがどうした!」って話かもしれません。でも、これが結構ハードな行程だったんです。

 

行く当日までの数日間、結構忙しく体力的にも睡眠的にもだいぶ疲れていた時のことだったので、未だに自分の中でかなりのインパクトなんです。 ((((((ノ゚)ノヌオォォォ

 

その日、作業をしていた真っ最中に急きょ静岡行きがきまり、30~40分で急いで着替えて準備し、午後2時50分に出発してほぼノンストップで走り、静岡ICを降りて20分程の目的地に行きました。ノンストップとは言っても、疲れが少々溜まっててあまり食べたくなかったこともあって昼食をほんの少ししか食べていなかったので、途中、あまりにお腹がすいたのと小用がしたくなったってことがあり、かなり静岡ICに近いところでSAに入り、20分ほどで小用をして親子丼をかきこんだってことはありました・・・。

目的地に到着したのが、午後7時25分、神戸で作業してて急きょ出発し、4時間35分後には、静岡の目的地です。結構疲れました。 ( ρ )ボーーーー

 

と、ここまでは、そんな急な話なんて仕事してたらよくある話だよ!って、言う人も沢山いると思いますが、

 

実は、到着後、夜中0時30分頃まで仕事をし、30分後の1時頃にそこを出たのですが、翌日(もう日付は変わってしまってますが)に予定があったことなどもあり、考えた挙句、宿泊せずにそのまま、車を神戸に向け出発したのです。

自宅に着いたのは朝方で、家族はまだ寝ておりました。家内もまだ起きる前で、車の音に目が覚め、まさか!と思って、玄関から出てきました。

相当驚いたようです。 |)0(| ホェー!!

泊まってくると言っていたし、昼の3時頃まで仕事してて、それから静岡に出発したのに、就寝してたら、静岡にいるはずの私が現れたのですから、当然と言えば当然ですね。

 

それにしても、眠かった (TwT。)

人生こんにちまでの運転で、最も眠い運転でした。

あまりの眠さに、居眠り防止で、大声で歌を歌いながら、自分の頬をしばきまくりながら、運転して帰ってきました。

はっきり言って非常識な危険運転ですね。反省せねばなりません。(・・;)

良い子は真似しちゃだめだよ~ (0)

 

目的地へのドア トゥ ドアで、仕事だけして、何もせず、何も見ず、何も食べず。折角、遠い静岡まで来たのに、余りに悔しいので、静岡ICで高速に乗って直ぐSAに入り、買い物カゴに山盛り2杯色々爆買いしてやりました。(静岡の美味しそうな食べ物ばっかり!ハッハッハ「これでしばらくは酒のツマミとお菓子には困らん!・・・だろう」。とむなしくつぶやいてしまいました。)

 

 

 

時間が時間だけに、無人に近いくらいすいた店内で、しかもお土産売り場で買い物してる客はポツンと私一人だったとさ。

 

おわり。

 

えっ!新幹線で行きゃ楽なのにって?

大きな荷物もあったんで無理だったんです。 (T_T)

2016年

6月

12日

スバル インプレッサG4 の 純正アルミホイール(ハイパーシルバー)の、がりキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

スバル インプレッサG4 の 純正アルミホイール ハイパーシルバーの、ガリ傷・すりキズのリペア(修理・修復)前の車輌全景写真

スバル インプレッサG4 の 純正アルミホイール(ハイパーシルバー塗装仕上げ)の、ガリ傷・すりキズのリペア(修理・修復)をご紹介します。

 

下の写真は、左が修理前右が修理後です。

写真をクリックすると拡大します。

スバル インプレッサG4 の 純正アルミホイール ハイパーシルバーの、ガリ傷・すりキズのリペア(修理・修復)前のホイールアップ写真
修理前
スバル インプレッサG4 の 純正アルミホイール ハイパーシルバーの、ガリ傷・すりキズのリペア(修理・修復)後のホイールアップ写真
修理後

下は、元あった傷のアップ写真です。

クリックすると拡大します。

2016年

6月

05日

フェラーリ・F12ベルリネッタの純正鍛造アルミホイール(マットシルバー仕上げ)のガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

フェラーリ・F12ベルリネッタの純正・鍛造20インチアルミホイールのガリ傷・擦りキズのリペア(修理・修復)をご紹介します。

結構特殊なシルバー色で且つマット(艶消しクリアー)仕上げです。

1月に新車納入されたばかりの殆ど新車に近い状態です。

下の写真は、左が修理前右が修理後です。

クリックすると拡大します。

フェラーリ・F12ベルリネッタの純正鍛造アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)前のホイール全景写真
修理前
フェラーリ・F12ベルリネッタの純正鍛造アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)後のホイール全景写真
修理後

フェラーリ・F12ベルリネッタの純正鍛造アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)前の傷アップ写真
修理前(タイヤのビードを落とした状態)
フェラーリ・F12ベルリネッタの純正鍛造アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)後の傷があった箇所のアップ写真
修理後(タイヤのビード上げも終わった状態)

修理前の撮影時は全て点けていたのですが、修理後の撮影時は、横四方からのライトは点けているけど真上方向からのライトを点けるのを忘れて写してしまっていました。そのため、若干、光り方や色が違って見えるかもしれません。

また、上の写真だけでは、元の傷がどんな傷だったのか分かりにくいかもしれませんね。

下の写真が修理前の各種写真です。クリックすると拡大しスライドショーが見れます。

出来栄えをご覧になって大変満足しておられました。

「もう一台の車(ロールスロイス)も何かあったらよろしく頼みます。」と仰って颯爽と出庫していかれました。

 

喜んでいただけて何よりです。

その時は勿論、修理させていただきます。が、できれば傷を付けないのが一番です。

どうぞ、お気を付けくださいませ。

2016年

5月

21日

スバル・レヴォーグ(レボーグ)の純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

スバル・レヴォーグ(レボーグ)の18インチ純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)をご紹介します。

 

軽い傷ですが、リム部分ほぼ全周に入っていました。

 

下の写真は、左が修理前右が修理後です。

クリックすると拡大します。

スバル・レヴォーグ(レボーグ)の純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)前のホイール全景写真
修理前
スバル・レヴォーグ(レボーグ)の純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)後のホイール全景写真
修理後

ほぼ全周に入っているとはいえ、傷が軽い(薄い)ので、上の写真では元々どんな傷が入っていたのか分かりにくいかもしれませんね。

 

下の写真が、元の傷のアップ写真です。

クリックすると拡大します。

2016年

5月

15日

アストンマーティン(アストンマーチン)ヴァンテージ(バンテージ)の純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

アストンマーティン(アストンマーチン)ヴァンテージ(バンテージ)の純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)前の車輌全景写真

アストンマーティン・ヴァンテージの19インチ純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)をご紹介します。

 

リムの軽い傷が2か所です。

 

下の写真は、左が修理前右が修理後です。

クリックすると拡大します。

アストンマーティン(アストンマーチン)ヴァンテージ(バンテージ)の純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)前のホイール全景写真
修理前
アストンマーティン(アストンマーチン)ヴァンテージ(バンテージ)の純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)後のホイール全景写真
修理後

アストンマーティン(アストンマーチン)ヴァンテージ(バンテージ)の純正アルミホイールのガリ傷・擦りキズ のリペア(修理・修復)前の傷アップ写真

 

 

傷が小さいので上の写真では分かりにくいですね。

左が傷のアップ写真です。

クリックすると拡大します。

2016年

5月

08日

メルセデス・ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

クロスカントリー4WD の定番ホイールとも言える「LODIODRIVE(ロデオドライブ)」 のホイール20インチ4本のガリ傷修理をご紹介します。

車はベンツG500です。

修理でお預かりしている間は、元の純正ホイールがついたタイヤに履き替えて乗っていただきました。

4本全てリム(外周)のガリ傷です。

 

下の写真は、左が修理前右が修理後です。

クリックすると拡大します。

 

修理前の写真は、全て、クリーニング後でタイヤのビート落とし後です。

修理後の写真は、全て、タイヤのビート上げおよびエア充填後です。

ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)前のホイールAの写真1
ホイールA 修理前
ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)後のホイールAの写真1
ホイールA 修理後

ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)前のホイールAの写真2
ホイールA 修理前
ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)後のホイールAの写真2
ホイールA 修理後

ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)前のホイールBの写真1
ホイールB 修理前
ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)後のホイールBの写真1
ホイールB 修理後

ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)前のホイールBの写真2
ホイールB 修理前
ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)後のホイールBの写真2
ホイールB 修理後

ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)前のホイールCの写真1
ホイールC 修理前
ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)後のホイールCの写真1
ホイールC 修理後

ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)前のホイールCの写真2
ホイールC 修理前
ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)後のホイールBの写真2
ホイールC 修理後

ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)前のホイールDの写真1
ホイールD 修理前
ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)後のホイールBの写真1
ホイールD 修理後

ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)後のホイールBの写真2
ホイールD 修理前
ベンツG500 の アルミホイール(ロデオドライブ)のガリ傷・擦りキズ・欠けのリペア(修理・修復)後のホイールDの写真2
ホイールB修理後

 

4本全て完了!

ついでに、ごくごく軽くだけですがディスク面もコンパウンドで磨いておきました。

2016年

4月

28日

トヨタ・カリーナの、助手席、布(モケット)シート、座面のタバコ(煙草)焦げ穴(コゲ穴)リペア(修理・修復・補修)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

トヨタ・カリーナの、助手席、布(モケット)シート、座面のタバコ(煙草)焦げ穴(コゲ穴)リペア(修理・修復)後の車輌前景写真

トヨタ・カリーナの助手席、布(モケット)シートの、座面の煙草焦げ穴リペア(修理・修復)をご紹介します。

 

布シートの煙草の焦げ穴リペア(修理・修復・補修)は、知らない人が見ても(乗っても)、気付かないくらいの出来栄えになります。

 

左が修理前右が修理後の写真です。

クリックすると拡大します。

いかがでしょう。一番下のドアップ(マクロ撮影)は、さすがに分かりますが、そこに直した痕があるとは知らない人が乗り降りするくらいでは、まず気づかれないくらいに目立たなくなっています。

 

実際に見たオーナー様も、「うっわー!十分ですよ!これなら分かりませんよ!もっと目立つと思ってました。ありがとうございます。」と大変喜んでお帰りになりました。

 

トヨタ・カリーナの、助手席、布(モケット)シート、座面のタバコ(煙草)焦げ穴(コゲ穴)リペア(修理・修復)前の写真1
修理前
トヨタ・カリーナの、助手席、布(モケット)シート、座面のタバコ(煙草)焦げ穴(コゲ穴)リペア(修理・修復)後の写真1
修理後

トヨタ・カリーナの、助手席、布(モケット)シート、座面のタバコ(煙草)焦げ穴(コゲ穴)リペア(修理・修復)前の写真2
修理前
トヨタ・カリーナの、助手席、布(モケット)シート、座面のタバコ(煙草)焦げ穴(コゲ穴)リペア(修理・修復)後の写真2
修理後

トヨタ・カリーナの、助手席、布(モケット)シート、座面のタバコ(煙草)焦げ穴(コゲ穴)リペア(修理・修復)前の写真3
修理前
トヨタ・カリーナの、助手席、布(モケット)シート、座面のタバコ(煙草)焦げ穴(コゲ穴)リペア(修理・修復)後の写真3
修理後

トヨタ・カリーナの、助手席、布(モケット)シート、座面のタバコ(煙草)焦げ穴(コゲ穴)リペア(修理・修復)前の写真4
修理前
トヨタ・カリーナの、助手席、布(モケット)シート、座面のタバコ(煙草)焦げ穴(コゲ穴)リペア(修理・修復)後の写真4
修理後

2016年

4月

10日

メルセデス・ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)アルミホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、修理・修復(表全面再ダイヤモンドカット加工)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、リペア(修理・修復):再ダイヤモンドカット加工前のホイールA
ホイールA 修理前
ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、リペア(修理・修復):再ダイヤモンドカット加工後、車輌取り付け後の写真
ホイールB 修理前

ベンツA180スポーツの純正18インチAMGシルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、修理・修復(再ダイヤモンドカット加工)をご紹介します。

 

対象ホイールはフロントの左右2本です。上が車輌からの取り外し前。

 

2本ともリムは全周ガリガリの状態で、スポークも共に数か所ガリ傷が入っていました。

2本ともかなり傷が酷く量も多いので、ホイール表面全体を再度ダイヤモンドカットスライスし直すことになりました。

 

ダイヤモンドカット仕上げホイールの再ダイヤモンドカット修理とは、

通常のような塗装仕上げ(シルバーやガンメタやブラックなど)の修理とは全く違い、

最初にこのホイールを製造するときに使用されている、いわゆるダイヤモンドカット加工する大がかりな機械を使って、アルミ合金の表面を、再度ダイヤモンドカットスライス加工し直し、そして再度全面クリアー塗装し直すという修理です。

 

写真は、左が修理前右が修理後です。

それぞれ写真をクリックすると拡大します。

ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、リペア(修理・修復):再ダイヤモンドカット加工前の写真2
修理前(クリーニング前)
ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、リペア(修理・修復):再ダイヤモンドカット加工後の写真2
修理後

ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、リペア(修理・修復):再ダイヤモンドカット加工前の写真3
修理前(クリーニング前)
ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、リペア(修理・修復):再ダイヤモンドカット加工後の写真3
修理後

ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、リペア(修理・修復):再ダイヤモンドカット加工前の写真4
修理前(クリーニング前)
ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、リペア(修理・修復):再ダイヤモンドカット加工後の写真4
修理後

ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、リペア(修理・修復):再ダイヤモンドカット加工前の写真5
修理前(タイヤの取り外し及びクリーニング完了、エアーバルブ及びセンターキャップ取り外し前)
ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、リペア(修理・修復):再ダイヤモンドカット加工前の写真7
修理前(エアーバルブ及びセンターキャップ取り外し後)
ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、リペア(修理・修復):再ダイヤモンドカット加工後の写真7
修理後

ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、リペア(修理・修復):再ダイヤモンドカット加工後の写真
綺麗に仕上がりました(エアーバルブ及びセンターキャップ取り付け後)
ベンツA180の純正シルバーダイヤモンド(ダイヤモンドカット仕上げ)ホイールのガリ傷・擦りキズ・欠けの、リペア(修理・修復):再ダイヤモンドカット加工後の車輌前景写真
タイヤの組み込み完了。 車輌への装着完了。

綺麗に仕上がりました。

誰が見ても、きっと、新品ホイールのようにしか見えないことでしょう。

2016年

4月

03日

レクサスIS Fスポーツの純正アルミホイールの、ガリキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

レクサスIS Fスポーツの純正アルミホイール2本の、ガリキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)をご紹介します。

 

下の、修理前(左)と修理後(右)の写真は、クリックすると拡大します。

レクサスIS Fスポーツの純正アルミホイールの、ガリキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)前のホイールAの傷アップ写真
ホイール A の傷
レクサスIS Fスポーツの純正アルミホイールの、ガリキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)前のホイールAの修理前のホイール写真
ホイール A 修理前
レクサスIS Fスポーツの純正アルミホイールの、ガリキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)前のホイールAの修理後ホイール写真
ホイール A 修理後

レクサスIS Fスポーツの純正アルミホイールの、ガリキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)前のホイールBの修理前の傷アップ写真
ホイール B の傷
レクサスIS Fスポーツの純正アルミホイールの、ガリキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)前のホイールBの修理前のホイール写真
ホイール B 修理前
レクサスIS Fスポーツの純正アルミホイールの、ガリキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)前のホイールBの修理後のホイール写真
ホイール B 修理後

2016年

3月

19日

ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズのリペア(修理・修復)&ブラックにカラーチェンジ(色替え)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

ポルシェ・カイエンGTSの21インチ純正アルミホイール4本の、ガリ傷・擦りキズのリペア(修理・修復)および艶有りブラックにカラーチェンジ(色替え)をご紹介します。

 

4本とも、リム部分は勿論のことスポーク(ディスク面)にも至る所に傷が入っていました。また、4本とも、至る所に塗装が劣化(クリアー塗装のめくれや剥がれ)がありました。

 

下の写真は、左が修理&カラーチェンジ前右が修理&カラーチェンジ後 です。

4本とも、斜めからの写真と、真上からの写真です。

 

修理&カラーチェンジ前の写真は、ホイール外面・内面ともにクリーニングする前なので、汚れなのか、傷や剥がれなのか、写真では分かりにくいです。すみません。

修理&カラーチェンジ後の写真は、タイヤのビートを上げる前の写真です。

 

撮った時は気づかなかったのですが、修理前の写真は横縦比が4:3なのに、修理後はなぜか3:2に設定が変わってしまっていました。(???変えた記憶無いのに)

ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)前のホイールAの写真1
ホイールA 修理&カラーチェンジ前
ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)後のホイールAの写真
ホイールA 修理&カラーチェンジ後

ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)前のホイールAの写真2
ホイールA 修理&カラーチェンジ前
ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)後のホイールAの写真2
ホイールA 修理&カラーチェンジ後

ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)前のホイールBの写真1
ホイールB 修理&カラーチェンジ前
ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)前のホイールBの写真1
ホイールB 修理&カラーチェンジ後

ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)前のホイールBの写真2
ホイールB 修理&カラーチェンジ前
ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)前のホイールBの写真2
ホイールB 修理&カラーチェンジ後

ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)前のホイールcの写真1
ホイールc 修理&カラーチェンジ後
ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)後のホイールcの写真1
ホイールc 修理&カラーチェンジ後

ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)前のホイールcの写真1
ホイールc 修理&カラーチェンジ前
ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)後のホイールcの写真2
ホイールc 修理&カラーチェンジ後

ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)前のホイールDの写真1
ホイールD 修理&カラーチェンジ前
ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)後のホイールDの写真1
ホイールD 修理&カラーチェンジ後

ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)前のホイールDの写真2
ホイールD 修理&カラーチェンジ前
ポルシェ・カイエンGTSの純正アルミホイールの、ガリ傷・擦りキズの、リペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)後のホイールDの写真2
ホイールD 修理&カラーチェンジ後

ガリ傷・擦りキズのリペア(修理・修復)およびブラックにカラーチェンジ(色替え)4本すべて終了です。

タイヤのビートも上げて、カラーチェンジしたセンターキャップも装着し、すべて完了しました。

 

数年前に、艶消しのマットブラックが凄く流行って、数えきれないくらい、マットブラックにカラーチェンジをしましたが、最近は、マットブラックも以前ほど人気は無く、逆に艶有りブラックへのカラーチェンジが増えています。

マットブラックも味がありますが、やはり艶有りは美しい!

特に高級車には、艶有りのほうが豪華というか、良く似合うと思います。(あくまでも私の個人的な意見)

2016年

3月

05日

BMW335iの純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s

BMW335iの18インチ純正アルミホイールの2本のガリ傷・すりキズのリペア(修理・修復)をご紹介します。

ホイールAは、ディスク面にもちょこちょこ小傷がありましたが、2本とも主にリムの傷でした。

 

下の写真は、ホイールAの、左が修理前右が修理後です。

修理後は、タイヤのビートを上げる前です。

クリックすると拡大します。

BMW335iの純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)前のホイールAの写真
ホイールA 修理前
BMW335iの純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)後のホイールBの写真
ホイールA 修理後

この下の写真は、ホイールAの修理前の傷の写真です。

クリックすると拡大し、スライドショーが見れます。

この下の写真は、ホイールAの修理後のリムの写真です。

クリックすると拡大し、スライドショーが見れます。

下の写真は、ホイールBの、左が修理前右が修理後です。

修理後は、タイヤのビートを上げる前です。

クリックすると拡大します。

BMW335iの純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)前のホイールBの写真
ホイールB 修理前
BMW335iの純正アルミホイールのガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)後のホイールBの写真
ホイールB 修理後

この下の写真は、ホイールBの修理前の傷の写真です。

クリックすると拡大し、スライドショーが見れます。

この下の写真は、ホイールBの修理後のリムの写真です。

クリックすると拡大し、スライドショーが見れます。

ホイールA・B共に、リムの外側が結構傷だらけでした。タイヤ交換の時に随分リムに当てられ、そしてそのまま回転させ傷を引きずったようです。

2016年

2月

13日

日産(nissan)ティアラ の アルミホイール(RAYS:レイズ)のガリキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

日産(nissan)ティアラ の アルミホイール(RAYS:レイズ)のガリキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)後の車両全景写真

RAYS(レイズ)のアルミホイール20インチのガリ傷・すりキズのリペア(修理・修復)をご紹介します。車は、日産(nissan)ティアラです。

 

リム部分に凄く小さな軽い傷が付いたホイール1本だけですが、ホイール内部(内側)も殆ど汚れてないし、表面もピカピカでしたので、きっと購入されてまだ日の浅いホイールではないかと思います。ボディも非常に綺麗にされていました。

ですので、こんなごく小さな傷でも、車を見た瞬間に「アッ!ホイールに傷が!」、と気付くくらい意外に目立っていました。

 

傷が軽いので分かりにくいかもしれませんが、

下の写真は、左が修理前右が修理後です。

クリックすると拡大します。

 

その下の写真が、元あった傷のアップ写真です。

日産(nissan)ティアラ の アルミホイール(RAYS:レイズ)のガリキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)前のホイール写真
修理前
日産(nissan)ティアラ の アルミホイール(RAYS:レイズ)のガリキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)後のホイール写真
修理後

日産(nissan)ティアラ の アルミホイール(RAYS:レイズ)のガリキズ・擦り傷のリペア(修理・修復)前の傷アップ写真

2016年

2月

05日

ヤフーオークション(ヤフオク)

先日お話ししたスキーの話の続きみたいなものですが、帰る日(3日目)を滑らなかった為、私たち親の前売りリフト券(今シーズン中、いつでも使えるリフト券)2枚が残っていました。

けど、どうせ年末年始のお休みしか行く暇がありません。かと言って、身近の誰かにあげて今シーズン中にスキーに行きそうな人もいません。このままでは折角のチケットがゴミになってしまう。勿体ないなー、と思いつつも、チケットショップに売りに行くのもなんか嫌だし、と思って放ったらかしだったのです。

 

誰だったか忘れましたが、今のヤフオクは初期のころとは違い、物の写真を撮るだけで、スマホやタブレットから簡単にアッと言う間に出品できる。と言っていたのを先日夜に思い出しました。

しかし今までヤフオクは、購入した(落札した)ことは何度かありますが、売った(出品した)ことは、何年も前に1度あるだけです。

でも、分からなければ途中でやめればいいや!くらいの軽い気持ちで、物は試し!思い立ったら吉日と、

直ぐに、タブレットで写真を写し、そのままそのタブレットでやってみたところ、何と簡単なことか!殆ど苦労することなく滅茶苦茶スムーズに出品できてしまったのです。

でも、そんな直ぐに落札されるわけないし、数日間の出品期限まで落札されず仕舞で終わるかもしれないなと思いながら、風呂に入って寝ました。

そして、朝起きて携帯を見ると、何やら見慣れないメールが入っています。ん?もしかして?!と思い確認すると、何と、当日券の値段より1枚500円2枚で1000円安い金額で設定していた最高金額(即決金額)で落札されているではありませんか。

 

そして、その日の午前中に、支払い決済(落札者からの入金)があり、昼一に近くの郵便局から発送し、アッと言う間に終わってしまいました。

殆どあきらめていただけに、狐につままれたような感覚。

 

ヤフオク恐るべし!

2016年

1月

31日

レクサスLS600hのアルミホイール「WORK(ワーク)・グノーシス」のガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)、神戸・芦屋 トータルリペアKei’s(by 株式会社ファインスペース)

レクサスLS600hの社外アルミホイール「WORK(ワーク)・グノーシス」21インチ2ピースホイール 4本 の、ガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)をご紹介します。

 

下の写真は、ホイールA~D全て、左が修理前右が修理後です。

それぞれの下の写真は、修理前に有った傷の写真です。

修理前・修理後・傷のアップ、全てクリックすると拡大します。

レクサスLS600hのアルミホイール「WORK(ワーク)・グノーシス」のガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)前のホイールAの写真
ホイールA修理前
レクサスLS600hのアルミホイール「WORK(ワーク)・グノーシス」のガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)後のホイールAの写真
ホイールA修理後

レクサスLS600hのアルミホイール「WORK(ワーク)・グノーシス」のガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)前のホイールBの写真
ホイールB修理前
レクサスLS600hのアルミホイール「WORK(ワーク)・グノーシス」のガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)後のホイールBの写真
ホイールB修理後

レクサスLS600hのアルミホイール「WORK(ワーク)・グノーシス」のガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)前のホイールCの写真
ホイールC修理前
レクサスLS600hのアルミホイール「WORK(ワーク)・グノーシス」のガリキズ・すり傷のリペア(修理・修復)後のホイールCの写真
ホイールC修理後